ボディセンスでモテるなんて怪しい?噂の練り香水の使い方

ボディセンスの前に身だしなみが重要

普段から香水を利用しているという男は比較的、美意識の高いおしゃれな男が非常に多いといえる。

わざわざ香水をしているのに、身なりがボロボロというヤツはどうかしてる。

まずはオシャレや身だしなみがあっての香水だからな。

メンズの香水はたくさんある

メンズ専用の香水は様々なブランドから販売されているので、自分の好きな匂いで気に入ったものが見つかれば、その日の気分に合わせて使い方を工夫して、大人の男性としての香りを楽しむことが出来る。

しかし、今まで香りがつくような香水やボディコロンを使った経験のない男にとって、使い方を知らないまま香水を使った場合、いきなり香りが強く出てしまい、逆に不評を買ってしまったりして、普段使いをするのは難しいんじゃないかと、躊躇してしまう者もいるだろう。

ただ、最近になって女性へのアプローチを目的とした香水を使うことで、異性からの注目や好感度を上げることが出来る練り香水が人気になっている。

そんな男たちの間で特に人気が高くなっているのが、大手コスメメーカーであるソシアから販売されている練り香水「ボディセンス」だ。

練り香水を使うケースは特に少ない?

男性で香水を利用している者は女性に比べて少ないと言われるが、練り香水というとなおさら少なくなるとされる。

練り香水とはクリームのような硬めのテクスチャが特徴で、自分で使用する量を指先ひとつで加減することが出来るので香水を使用したことのない初心者でも非常に使いやすいメリットがある。

ここで香水の使い方の注意点としては男性を苦手と感じる女性の多くは、一度に沢山の量を使用してしまい匂いを強く感じてしまうことだ。

つまり、つけすぎた香水のニオイが臭すぎるっていうこと。

使用する際の加減を知らないと逆効果だから正しい使い方が重要なんだ。

一方、ボディセンスのような練り香水のタイプを使えば、少量でも手首や首筋、耳の後ろなど匂いが感じやすい部分に量を調節して塗ることができる。

ほのかに良い匂いがする程度で抑えることが出来るので香水初心者でも使い方がカンタンなのがポイントなんだ。

ボディセンスの効果の秘訣とは?

実際にボディセンスを使うことによって、異性を惹きつける効果がアップし、モテるという声が多いのは、練り香水に含まれている成分に、性フェロモンを最大限に引き立ててくれる「センスフィール」が配合されているからだ。

このセンスフィールとはコレウスホルスコリ根エキス、チャ葉エキス、プロパンジオールの3種類の化学成分を配合したもの。

センスフィールについての詳細はこちらのページに書いておいたから、よかったら参考にしてほしい。

ボディセンスは女性を引き付ける香りの研究をし、独自のバランスで男たちの持つ魅力を最大限に引き出して、使用した男性自身に自信を与えてくれる効果があるようだ。

このセンスフィールに含まれている成分によって、フェロモンの働きを強めることが期待できる。

また、ボディセンスには異性へのアプローチを行う「アンドロスタジエノン」というモテる物質を多く含んでいる。

体臭の強い男性というとモテない印象も強いが、フェロモンは別で、いい意味で男臭さが女性の生理反応や行動反応を引き出すとされている。

モテる香水として販売されている商品の中には、フェロモンを配合した商品なども多く販売されているが、このボディセンスを利用すると、利用者の本質的な魅力を引き出してくれるアイテムとして多くの男たちに支持されているんだ。

ここまでのボディセンスの成分についての話を聞いても正直、怪しいと思っている男もいるだろう。

フェロモンや目に見えるわけではないし、香りだけで女性を引き付けるなんてまず無理だと普通なら思ってしまう。

しかし、ここのページにも書いたが、嗅覚は相手の記憶に残りやすいということなんだ。

男なら好きな女、あるいは昔の彼女がつけていた香水の匂いをなんとなく思い出せると思う。

一度、夜を共にした関係だったら、彼女の香水と彼女の体臭が混ざった匂いを思い出すこともできるだろう。

つまり、相手の記憶の中に自分の存在を植え付ける上で大切なのが嗅覚やフェロモンに対するアプローチということだ。

ボディセンスを付ける際に清潔な状態にしておこう

ボディセンスは簡単に香りをまとえる手軽さがあり、異性へのアプローチ効果のある成分が含まれているからといって、体が不潔な状態で多用するのはやめておこう。

香水は清潔な肌に直接吹きかけて使用する必要があり、自身の汗などに香りが混ざりその人だけの匂いを演出することが出来る。

しかし体が不潔な状態で良い香りをまとっても効果はないし、むしろ周りに不快感を与えてしまう危険があるんだ。

そもそも、女は不潔な男が嫌いだしな。

ボディセンスを使う際には必ず朝からシャワーを浴びて、綺麗に整えてから使用するのが鉄則だ。

ボディセンスの使い方以前に日頃から清潔を保つようにしておこう。

ボディセンスの使い方には基本と応用がある

公式サイトには以下のステップで使い方が記載してある。

①ボディセンスの容器をあけて、指先で表面を軽くなぞる
②手首の内側に塗り込む。特に血管の上に塗り込むがポイント。
③首筋にも塗り込む。均一になるように薄く延ばして塗っていく
④耳の裏側に塗っておくことでさりげない香りを演出できる

オーソドックスな使い方だが、ここはきちんと抑えておこう。

他にも
手首だけでなく、足首や髪にも少し塗っておく使い方もポイントだ。

相性にもよるが、無香料の整髪料と一緒に髪をセットしてもよい。

ただし、付けすぎる整髪力が落ちるから注意しよう。

また、ルームフレグランスとしての使い方も良いだろう。部屋に置いておくだけで室内を演出できる。

うまいこと女性を部屋に呼べれば、いつでも女性にフェロモン効果を演出することができるってことだ。

色々と使い方を工夫していくことでボディセンスの効果は倍増するといってもよい。

ただし、使い方次第でボディセンスをすぐ使い切ってしまうときもあるだろう。

定期コースでも単品で買うのもどちらでもよいが、1個はストックを残して使うのが安全だ。