加圧シャツの効果を徹底解説!おすすめのブランドランキングやメリット・デメリットも紹介

30代になると気になり始めてくる、ぽっこりお腹やたるんだ体。

「お腹が気になってしまって、着たい服が着れない」
「自分に自信が持てず、あまり外を歩きたくない」

体型のせいで、憂鬱な気分になっている男も多いはず。

そんな悩みの解決をサポートしてくれる一手となるのが「加圧シャツ」だ。

加圧シャツを着ることで、体に負担がかかる。その結果、普段よりも高い筋トレ効果が期待できるのだ。

そこで
加圧シャツの詳しい効果やメリット・デメリット、着るタイミングなどについて紹介していく。
おすすめしたい人気の加圧シャツブランドのランキングも。

「効率よく筋トレしたい」
「体を引き締めたい」

と思っているならば、ぜひ参考にしてほしい。

Contents

加圧シャツとは?

男性モデル 画像

加圧シャツとは、伸縮性に富んでいる素材が体に圧をかける、インナーシャツのこと。

一般的には、伸張バンドスパンデックス繊維といった素材が使われている。
特にスパンデックス繊維は、スポーツウェアや競技用水着にも使われているほど、伸縮性と耐久性が高い素材だ。

実際に加圧シャツに触ってみると
かなり素材が伸びることがわかる。

「お腹がぽっこりしているから、シャツを着れるか心配」と思ってる方も安心してほしい。

高い伸縮性から太っていても着用でき、着用したあとは一人ひとりの体型に合わせてフィットしてくれる。

一見普通のインナーシャツのため、筋トレ時だけでなく、日常生活のなかでも着用可能だ。

加圧シャツの効果

加圧シャツ 筋トレ 画像

伸縮性の高い素材が、体に圧をかけてくれる「加圧シャツ」。一体どのような効果が得られるのだろうか。

そこで、加圧シャツを着ることで得られる効果を、大きく4つに分けてピックアップしていこう。

筋トレの効率が上がる

まず、加圧シャツを着ることで得られる効果として挙げられるのが、筋トレの効率が上がること。

360°あらゆる方向から上半身に圧がかかるため、ある程度体の動きが制限され、いつものようにスムーズには動けない。

その状態で筋トレをすると、筋肉にかかる負担が大きくなる。

何も負荷がかかっていない状態よりも、負荷をかけた状態の方が大きな力を使うため、筋トレの効果が上がるのだ。

また
上半身に負荷がかかることで、体の内側にあるインナーマッスルも鍛えられる。

なぜなら
負荷がかかった状態で筋トレをすると、自然とインナーマッスルを使えるようになるから。

普通に筋トレするだけでは、インナーマッスルのトレーニングはなかなか難しい。

インナーマッスルを鍛えることで、大胸筋や腹筋といった大きな筋肉のサポートをしてくれるため、さらなる筋トレ効果の向上が期待できる。

「毎日長時間筋トレをするのがツライ」
「筋トレしても効果があまりない」

と思っているならば
筋トレの効率を上げてくれる加圧シャツを着て、トレーニングしてみてはいかがだろうか。

姿勢が良くなる

加圧シャツを着ることで得られる効果として、姿勢が良くなることも挙げられる。

加圧シャツは、ただ上半身に圧をかけるだけではなく、上半身のしかるべき部分に適正な圧力がかかるように作られている。

そのため、体を本来の正しい姿勢へと導いてくれるのだ。

実際に着用してみると、開いていた肩甲骨がキュッと近づき、曲がっていた背筋がまっすぐに。

正しい姿勢になることで、ぽっこりと出ていたお腹も、内側にスッと引っ込む。

今の自分の姿勢は、1日2日で作られたものではない。
長年の積み重ねなのだ。

猫背やゆがんだ姿勢は、体にしっかりと刻み込まれているため、自力で正そうと思ってもなかなか思い通りにいかない。

そこで、加圧シャツを着ることで、自分ではわからない正しい姿勢のサポートをしてくれる。

正しい姿勢をキープすることで、体が引き締まって見えるため、第一印象も良くなるだろう。

猫背が改善されることで、丸まっていた背中が上に伸びるため、身長も高くなる。

女性は、「猫背でお腹がぽっこり出ている男性」よりも「背筋が伸びていて体が引き締まっている男性」に惹きつけられることが多い。

女性からのイメージアップを狙いたい男にも、加圧シャツは有効だ。

食欲が湧いてくるのを抑えられる

食欲が湧いてくるのを抑えられることも、加圧シャツを着ることで得られる効果として挙げられる。

なぜなら、加圧シャツは、胃やお腹あたりにも圧を加えてくれるから。

食事の場面を想像していただきたい。
ゆとりのあるTシャツを着ているときよりも、ピタッとしたフォーマルな服を着ているときの方が、満腹と感じるタイミングが早くないだろうか。

加圧シャツも、フォーマルな服の原理と同じ。
飲食をしてお腹が少しでも膨れると、加圧シャツの圧迫がより強くなり、苦しいと感じるようになる。

その結果、食欲抑制にもつながるのだ。

「痩せないといけない」というストレスから暴飲暴食をしてしまうなら、加圧シャツを着て1日を過ごしてみてはいかがだろうか。
摂取カロリーが減少し、ダイエット効果も期待できる。

基礎代謝がアップしやすくなる

基礎代謝がアップしやすくなるのも、加圧シャツを着ながら運動することで得られる効果のひとつ。

なぜなら
加圧シャツは普通のインナーよりも体に密着するぶん、肌と生地のあいだに空気が入らず、温かさをキープしてくれるから。
体温が高い状態だと、そのぶん基礎代謝もアップするのだ。

基礎代謝が高いと
消費カロリーも高くなるため、痩せやすい体作りにつながる。

加圧シャツは
「普通に仕事や運動しているだけでも痩せやすくなる体を手に入れたい」
「寒がりで基礎代謝が上がりにくい」

と思っている男にもぴったり。
もちろん、寒い冬を乗り切るためのインナーを探してる人にもイチオシだ。

加圧シャツの効果は嘘?効果なしってホント?

ハテナ 画像

これまで加圧シャツの効果について紹介してきたが、一部では「加圧シャツの効果は嘘ではないか」とウワサされている。

では、「加圧シャツを着ても効果がない」という説の真相はどうなのだろうか。

答えは
効果はホントである」だ。

先述してきた「筋トレの効率が上がる」「姿勢が良くなる」「食欲が湧いてくるのを抑えられる」「基礎代謝がアップしやすくなる」といった加圧シャツの効果は、嘘ではない。

なぜ
悪いウワサが出てきてしまったかというと、過度な表現で効果を紹介している販売サイトがあるから。

「加圧シャツを着るだけで確実に痩せる」
「着ればすぐにムキムキな体になれる」
といった表現をしているサイトを見たことがないだろうか。

注意するべきなのは
加圧シャツは、着用しながら筋トレを2〜3カ月ほど継続することで、効果が現れるということ。

「着るだけですぐに」
なんてうますぎる話はないのだ。

過度な表現を信じて購入した消費者が、加圧シャツを実際に着用しても、もちろん表現通りの体にはならない。
サイトの表現と実際の効果に大きな違いがあるため、「加圧シャツは効果なし」と感じてしまうのだ。

ちなみに
販売・紹介サイトで過度な表現をするのは「景品表示法」という法律で禁止されている。
景品表示法とは、商品の内容や品質、効果などを偽って表示している業者を取り締まる法律のこと。

2019年3月には、景品表示法に違反したとして、加圧シャツを販売していた9社が、消費者庁から取り締まりを受けたところだ。
タレントのヒロミさんがプロデュースした「パンプマッスルビルダーTシャツ」や、お笑い芸人の庄司智春さんがイメージモデルになっている「金剛筋シャツ」などのブランドが挙げられる。

加圧シャツには「着るだけですぐに筋肉質な体になる」といった即効性のある効果はない。
しかし、本記事で紹介してきた効果は嘘ではないため、安心してもらいたい。

加圧シャツのメリット・デメリット

加圧シャツ 画像

加圧シャツは、決して安いものではない。
だいたい1枚4,000円の値段がかかるため、買い物を失敗に終わらせないためにも、購入する前にメリットとデメリットを知っておく必要がある。

そこで、加圧シャツのメリットとデメリットを紹介していく。どちらも考慮したうえで、購入を検討してみてはいかがだろうか。

加圧シャツのメリット

まずは、加圧シャツのメリットから。

加圧シャツのメリット① 効果を得られる

ひとつ目のメリットは、これまで紹介してきた効果を得られること。

ぽっこりお腹や体のたるみが気になっている男にとって、筋トレの効率が上がったり、食欲が湧いてくるのを抑えられたりするのは、大きなメリットだろう。

また、姿勢が良くなることで第一印象のイメージアップにもつながるし、基礎代謝が上がることでダイエットもしやすくなる。

加圧シャツのメリット② 難しい運動をする必要がない

ふたつ目のメリットとして挙げられるのが、難しい運動をする必要がないこと。
先述の通り、加圧シャツを着るだけで、筋トレの効果が出やすかったり、姿勢が良くなったりする。

これまで筋トレや運動を続けてきた人にとっては、毎日の習慣にプラスして、加圧シャツを着用するだけで効果が期待できるのだ。

加圧シャツのデメリット

次に、加圧シャツのデメリットを。

加圧シャツのデメリット① 値段が高い

ひとつ目のデメリットは、値段が高いこと。

加圧シャツは、平均で1枚4,000円ほどの値段がかかる。インナーシャツのため、毎日着ることを考えると、3〜4枚は持っておきたいところ。つまり、4,000円の加圧シャツを4枚購入しようと思ったら、16,000円が必要なのだ。

1,000円代で売られている加圧シャツもあるが、素材がボロボロになりやすかったり、加圧が足りなかったりする場合も。長持ちのする品質の良い加圧シャツを購入したいなら、ある程度の値段がする加圧シャツを購入した方が良いだろう。

加圧シャツのデメリット② 締め付けが体に合わない場合がある

ふたつ目のデメリットとして挙げられるのが、締め付けが体に合わない場合があること。

加圧シャツは、その名の通り、体に圧をかけるインナーシャツだ。
その圧が強すぎると、着ているうちに苦しくなったり、気持ち悪くなったりすることも。

そのため、初めて加圧シャツに挑戦するならば、一気に複数枚を購入するのではなく、まずは1枚だけ購入して様子を見ることをおすすめする。
実際に着てみて体に合うようだったら、ローテーションして着用するぶんも購入してはいかがだろうか。

加圧シャツはいつ着るべき?

スーツ 男性 画像

加圧シャツをどのような場面で着用するべきなのか、迷う人もいるだろう。

そこで、加圧シャツを着用する、おすすめのタイミングを挙げていく。

筋トレをするとき

まず、加圧シャツを着用するおすすめのタイミングとして挙げられるのが、筋トレ時。

加圧シャツのメインの効果が「筋トレの効率を高めてくれる」なので、筋トレをするときは必須で着てほしい。
どうせ筋トレをするなら、同じ時間で、効果が高まった方がうれしいだろう。

もちろん、筋トレだけではなく、ランニングやウォーキングといった運動全般でも、加圧シャツの着用はイチオシだ。

日常生活のなか

日常生活のなかも、加圧シャツを着用するタイミングとしておすすめ。

加圧シャツは、着ているだけで、基礎代謝が上がったり姿勢が良くなったりする効果がある。
つまり、普段の生活時に着ていれば、自然と痩せやすく、背筋が伸びた体に見えるのだ。

加圧シャツは、インナーシャツとしての役割があるため、私服やスーツの下に着用できる。

着膨れせず、むしろ引き締まった体に見せてくれることから、年中着用し続けている人もいるほどだ。

デスクワークをするとき

加圧シャツを着用するタイミングとして、デスクワークをするときもおすすめする。
なぜなら、加圧シャツは正しい姿勢へとサポートしてくれるから。

デスクワーク中は、作業に集中しているため、無意識のうちに姿勢が悪くなっていることが多い。
背中が丸まって猫背になっていたり、パソコンと顔のキョリが近くなっていたり。

そんな悪い姿勢を続けていると、腰痛や肩こりの原因になる。
ほかにも、血行が滞り、冷え性になってしまうことも。

そこで、加圧シャツを着ることで、「正しい姿勢でいよう」と意識しなくても、背筋が伸びた状態をキープしてくれるのだ。
正しい姿勢は、見た目が美しいだけではなく、健康な体作りにも有効。

ふと気がつくと姿勢が悪くなっている人、他人から背中が丸まっていると指摘された人、ぜひデスクワーク中にも加圧シャツを着てみてはいかがだろうか。

【注意!】寝るときはおすすめしない

日常生活のなかで着るのもおすすめと伝えたが、一点注意しておくべきことがある。
その注意すべき点とは、寝るときは加圧シャツを着ない方が良いということ。

活動しているときに加圧シャツを着れば、「少し疲れたから大きな動きをするのは控えよう」のように、体と相談しながら動きを制限できる。

しかし
就寝時は意識がないため、体に想像以上の負担をかけ続けることになるのだ。

また、人間はリラックスしながら就寝することで、その日の疲れをリセットする。

しかし、加圧シャツを着ている状態だと、リラックスできない。
その結果、起きても疲労が取れておらず、だるい状態が続いてしまう。

日中のパフォーマンスを高めるためにも、寝るときの加圧シャツの着用は、控えてもらいたい。

【比較】おすすめの加圧シャツをご紹介!人気ブランドランキング

筋トレ 画像

加圧シャツの効果やメリット・デメリットを知ったうえで、実際に加圧シャツを購入しようと考えている男も多いだろう。

しかし「どの加圧シャツを選べばいいかわからない」「高い買い物で失敗したくない」と悩んでいるのではないだろうか。

そこで、おすすめの加圧シャツブランドを、人気ランキング形式で紹介していく。

ちなみに、Amazonや楽天でも販売されているが、偽物の場合もある。そのため、公式サイトで買うのが安心だ。

おすすめ加圧シャツ 第1位:MUSCLE PRESS TANK TOP(マッスルプレス タンクトップ)

マッスルタンクトッププレス
おすすめの加圧シャツの第1位は「MUSCLE PRESS TANK TOP(マッスルプレス タンクトップ)」。

ぽっこりお腹のページでも少し紹介したが
俺は加圧シャツでノースリーブタイプを探していたんだ。

なぜかというと
加圧が体幹だけでなく、肩回りまで及ぶと猫背になりやすく、呼吸も窮屈に感じるからだ。

加圧シャツは体幹だけきつく締めあげればいいだけだから、マッスルプレスタンクトップが加圧には最適というわけだ。

もしかしたら
他にもノースリーブタイプの加圧シャツはあるかもしれないが、マッスルプレスタンクトップを俺は買ってみて正解だった。

マッスルタンクトッププレス

おすすめ加圧シャツ 第2位:SASUKE

SASUKE
おすすめの加圧シャツの第2位は「SASUKE(サスケ)」。

伸縮性と耐久性が高い、スパンデックス繊維を使用した加圧シャツだ。

着てみると、体に強い圧がかかりながらも、体のラインに沿って心地よくフィットしてくれる。朝から晩まで長時間着用していても、あまり体の負担にならない。

筋トレや運動をしたあとは、汗をかいて匂いが気になる男も多いだろう。

しかし
SASUKEはナノ銀・チタン・ゲルマニウム成分を配合しており、抗菌・防臭効果が高い。そのため、汗の匂いがあまり気にならないのだ。

動かなくても汗をかきやすい夏場に、インナーシャツとして着用している人も多くいる。密着する電車内でも、自信を持って過ごせるはずだ。

カラーは、白と黒の2色。サイズは、MサイズとLサイズの2種類。

SASUKE

おすすめの加圧シャツ 第3位:ビダンザビースト

ビダンザビースト
おすすめの加圧シャツの第3位は「ビダンザビースト」。

加圧が強いことが特徴のため、「正しい姿勢に矯正したい」「短時間で効果的な筋トレをしたい」と思っている人におすすめしたい。

そんなビダンザビーストの生地の手触りは、サラサラ。

汗をかいている体にもシャツが通りやすいし、ベタつかない着心地が気持ち良い。吸水性が高いテリレンという素材を80%以上も配合しているため、汗をかいてもすばやく吸収してくれ、サラッとした肌の状態をキープしてくれる。

洗濯後、すぐに乾くのもポイントだ。インナーシャツを大量に消費する夏場であっても、「洗濯物が乾かないから、シャツが足りない」と困ることは少ないだろう。

カラーは、白だけ。サイズは、MサイズとLサイズの2種類。

ビダンザビーストのみで着用すると、乳首が透けてしまう。そのため、ビダンザビーストのうえにTシャツなどを着用する必要がある。

VIDANTHEBEAST

おすすめの加圧シャツ 第4位:ビダンザゴースト

ビダンザゴースト
おすすめの加圧シャツの第4位は「ビダンザゴースト」。第2位で紹介した「ビダンザビースト」と同シリーズの加圧シャツだ。

ビダンザゴーストの特徴は、ビダンザビーストを超えるほどの高い加圧力。市販の加圧シャツブランドのなかでもトップクラスで、体に圧を加えてくれる。特に、腕やお腹周りへの締め付けが強く「たるんだ脂肪を引き締めて、細身に見せたい」と思っている人にイチオシしたい。

また、ビダンザゴーストの裏地には、ポリウレタンが編み込まれている。ポリウレタンは、サウナスーツにも使われている素材で、発汗性が高い。筋トレや運動をしながら大量の汗をかけるため、代謝がアップし、ダイエットにも効果的だ。

ただ、締め付けが強すぎるあまり、長時間の着用が困難だと感じる場合も。貧血気味だったり体調が悪かったりする場合、体と相談しながら着ることをおすすめする。

一般的な加圧シャツと比べ、ポリウレタンなどの生地が少し特殊のため、「どのように洗濯をしたら良いか」の心配があるだろう。ビダンザゴーストは、そのまま洗濯機で洗えるため、洗濯の手間が少ない。

しかし、長持ちすることを考えるなら、「洗濯ネットに入れる」「乾燥機は使わない」「日陰干し」といった洗い方をしてもらいたい。ベストは、手洗いだ。

カラーは、黒だけ。サイズは、MサイズとLサイズの2種類。

VIDANTHEGHOST

「ユニクロ」「ドン・キホーテ」「しまむら」でも売ってるの?

買い物 画像

手頃な値段でインナーシャツを販売するショップ「ユニクロ」「ドン・キホーテ」「しまむら」。この3店舗で加圧シャツが購入できたら便利だが、残念ながら、自社ブランドの本格的な加圧シャツは販売されていない

以前、着用すると消費カロリーの増加が期待できるインナーシャツ「イージーエクササイズ」がユニクロで販売されていた。しかし、加圧シャツではないうえ、現在は販売を停止している。

本格的な加圧シャツが欲しいのであれば、先ほど紹介したブランドの加圧シャツをチェックしてみてはいかがだろうか。

ただ、先日とあるドン・キホーテの店内を見てみたら「ビダンザビースト」が販売されていた。
別のドン・キホーテには売られていなかったので、店舗によっては取り扱っているのかもしれない。

加圧シャツの評価は?着た人の口コミをピックアップ!

口元 男性 画像

最後に、実際に加圧シャツを着た人の口コミをピックアップしていく。

「筋トレの効果が感じられるようになった」34歳、男性

3カ月間なんとなく筋トレを続けてきたんですが、あまり筋肉が付いている実感がなかったので、加圧シャツを使い始めることにしました。加圧シャツを着てトレーニングをしてみると、いつもよりも体に負荷がかかっていて、すぐ汗だくに。ジワジワ効いてる感覚がありました。

そして、加圧シャツを着用した状態で筋トレを2カ月続けていたら、筋肉量がアップしたんです。鏡で体を見てみると、腹筋がうっすら割れ始めていて。これからも加圧シャツを使って筋トレを続けていこうと思います。

「食べる量が減って、体重が5kg落ちた」46歳、男性

40代後半になっても食欲が止まらず、ビールや揚げ物が大好きで、体重と脂肪が増えていくばかり。居酒屋を3軒はしごしたあと、締めのこってり豚骨ラーメン大盛りを平らげて帰宅するのが普通でした。

しかし、医者から「このまま太り続けるのは危険」と診断され、まずいと危機を感じる事態に。焦りながらインターネットで運動グッズを見ていたら「加圧シャツを着て過ごしたら、食べる量が減った」との口コミを発見。早速、加圧シャツを購入しました。

いざ届いて着ようとすると、結構な締め付けで、着るのが大変。でも、慣れるとコツを掴めて、サッと着られるようになりました。

そのまま飲みにいくと、唐揚げと枝豆、卵焼きを食べただけでお腹いっぱい。口コミに書いてあった通り、加圧シャツで食欲抑制できるのは本当なんだと実感できました。結果、3カ月着続けて、体重が5kg減。今では筋トレを始めて、体作りを頑張っています。

加圧シャツを着て、新しい世界のトビラを開こう

筋トレの効率がアップしたり、正しい姿勢をキープできるようになったり、さまざまな効果が期待できる「加圧シャツ」。長袖の加圧シャツもあるが、通年で着用することを考えると、半袖の方が使い勝手が良い。

ご紹介したブランドの加圧シャツを着用して、ぽっこりお腹とサヨナラし、自信が持てる新しい自分に出会ってはいかがだろうか。